スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン郊外の気象台

ちょっと散歩するためにボストン郊外にある Blue Hill Reservation へ。この公園の入り口付近は車で何度も通っているのに、散歩でここを訪れるのは今回が初めてでした。

    
         森の中のお散歩は気持ちいい♪

ゆるやかな坂を登って行くとこの公園の頂上には気象台があるんですね。 Blue Hill Meteorological Observatory という名前のこの気象台、1884年にマサチューセッツ工科大学出身の Abbott Lawrence Rotch 氏によって設立されたもので、継続して気象観測を行っている気象台の中では最古なのだそうです diary50.gif
レストランから公立図書館まで「最古」とつくものがありふれているボストン・エリアですが、まさか気象台まで最古だったとは・・・恐るべしっ!


    bluehill02.jpg
         Blue Hill の頂上に立つ気象台


私たちが散歩で立ち寄った時も地元の子供たちがこの気象台の見学に訪れていました。どうやら見学で訪れる人が多いようで気象台の建物の中には売店もあって、子供向けのサイエンス関連の商品や飲物、スナックなどが売られています。

    bluehill03.jpg


そして Blue Hill では冬になるとスキーもできるようで、気象台がある頂上へ向かって歩いて行く途中でリフトも見つけました。ボストンの中心部から車で20分ほどのところでスキーが出来てしまうのは便利ですよね。

何年も住んでいるのにボストンにはまだまだ知らない場所がたくさんあるんだなぁ、と思いました。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/553-49709e95 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。