スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ人と日本語

2010.11.19 アメリカ生活
私が日本人だということもあって何かと日本に興味を持ってくれるラボ仲間。ボスをはじめ日本に関する質問や日本語でどういうか・・・など色々と質問してくれます。

この前もボスが自宅の屋根裏で flying squirrel (モモンガ) が見つかったというので、日本語では「モモンガ」と呼ぶのだと教えたところ、ボスはまるで呪文でも唱えるように「モモンガ、モモンガ、モモンガ」と日本語の練習。

そして屋根裏のモモンガに頭を痛めているらしいボスは今日も私がラボで作業を進めているところへやって来て「モモンガ~」と日本語でうなだれていました diary41.gif

ボスがまさかこんなにあっさりと「モモンガ」という言葉を覚えてしまうとは思っていなかったので、使用頻度がことごとく少ない「モモンガ」という言葉を教えてしまった私はちょっと反省しています。

    

それにしてもラボ仲間や Hubby の知っている日本語って不思議である。

例えばラボ仲間が新しく覚えた日本語として報告してくれたのは「うわばき」という言葉。どうやら The Fast and the Furious: Tokyo Drift(邦題:ワイルドスピード3X Tokyo Drift )という映画から習った日本語であるらしい。アメリカの理学博士が大きな声で「うわばき」という日本語を勝ち誇ったように披露してくれるなんて誰が想像できたであろう diary37.gif

こういう使えない日本語を覚えるのは何もラボ仲間に限ったことではなくて、Hubby も何年か前に日本へ行った時にたまたま通りがかったトラックから流れる「わらび~もち」という言葉を覚えてしまって、今でもときどき「わらび~もち」と突然言い出すことがある。

母国語ではない言葉って何かの理由で強く印象に残ってしまった言葉はいつまでも覚えていられるのかも。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ


世界に日本語を広めよう:
    




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/562-bcee932a 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。