スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニティカレッジの底力

部下思いのボスのおかげで火曜日から6連休のサンクスギビング・ホリデーを迎えることになりました。久しぶりにのんびりと家で過ごそうと思っていたのですが、せっかくの平日休みなので母校のバンカーヒル・コミュニティカレッジへ遊びに行くことに。

関連ブログエントリー:
ちょっと早めのサンクスギビング


    

大学のキャンパスに到着したのはお昼ちょっと前だったのですが、キャンパスのどこもかしこも学生でいっぱい。私が通学していた5年ほど前に比べて学生数が激増していたのでびっくりです。

  bhcc02.jpg
  深夜から始まる大学の講義に関するニュースを報じる
  The New York Times の記事


バンカーヒル・コミュニティカレッジは1年ほど前から夜 11:45 から始まる深夜コースを開講して全米のニュースでも取り上げられたりしたのですが、この深夜コースも需要が多いようで徐々にその数が増えているよう。

深夜コースに関する記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ:
"New Meaning of Night Class at 2-Year Colleges"

コミュニティカレッジへ進学する人の数が増加しているのはやはり景気が不安定なため、ファイナンシャル・エイドで大きな借金を抱えてまで4年制の私立大学へ進学することを疑問視する人たちが増えてきているのが理由の1つにあげられると思います。他には社会人の人たちがスキルアップや新しいキャリアへ移行するのを目的としている場合もあるでしょう。

深夜コースに受講者が集まるのは社会人や家族の世話をしなければいけない人たちが、自分たちに都合の良い時間に少しずつでも大学の講義を受講しようというやる気の表れだと思います。日本は「学歴社会」だと言われるけれど、アメリカの「学歴社会」は実にシビアですからね(アメリカの学歴社会についてはそのうちお伝えします)。

学生の需要を察して深夜コースを始めるところが、やはり幅広い年齢層やバックグラウンドの学生を抱えるコミュニティカレッジならではだなぁと、思いました diary43.gif




人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

コミュニティ・カレッジについて読んでみる:

  




    
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/564-ee422c36 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。