スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きくなったボストン美術館

ボストン美術館の新しいギャラリースペース、"Art of the Americas Wing"がついにオープンしたので、サンクスギビング前日に Hubby と一緒に見に行ってきました。

    
      メインエントランスと新館をつなぐギャラリー


ガラスをふんだんに使った新館部分はモダンなデザインでギャラリースペースにもところどころ自然光が入るようになっています。

    mfaAmerica01.jpg
     ブルーで表示されている部分が今回オープンした新館

新館は地下1階と地上3階の建物に53ものギャラリーを収容。地下1階は古代アメリカ、ネイティブ・アメリカンや17世紀、1階部分は18世紀から19世紀初期、2階部分のギャラリーにはジョン・シンガー・サージェントの絵画などが19世紀から20世紀初期の美術品、3階部分のギャラリーにはノーマン・ロックウェルの絵画やジョージア・オキーフの絵画を含むモダン・アートが展示されているので、上の階へと移動するにつれ時代を前進するというレイアウト。

    mfaAmerica08.jpg
 3階のギャラリーに設置されたインタラクティブパネルで遊ぶ子供たち

     mfaAmerica07.jpg
    美術館のメインの建物と新館の間には新しいカフェも登場


私たちが訪れたサンクスギビング前日の水曜日はコミュニティデーとして入館料が無料だったので、夕方近くの時間帯にもかかわらず新館部分は大人から子供まで多くの人で賑わっていました。

次回のエントリーで展示されている作品を少しだけご紹介したいと思います diary43.gif




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/566-2faefe48 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。