FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hancock Shaker Village -ウエスタン・マサチューセッツの旅-

2012年の8月下旬に週末を利用しての小旅行でウエスタン・マサチューセッツのバークシャイア群( Berkshire County)を訪れました。このエリアはアートや音楽にゆかりがありニューヨーク市からも車で3時間以内なので、夏には避暑地として、秋には紅葉狩りに訪れる人々でにぎわう観光地です。屋外コンサートで有名なタングルウッドノーマン・ロックウェル美術館もこの地域にあります。



今回の小旅行で訪れたのは Hancock Shaker Village 。シェーカーとはキリスト教の一派で、1747年にイギリスのマンチェスターで生まれたと言われています。Hancock Shaker Village は1800年前後にシェーカー教徒が自給自足で暮らす村として作られ、今では当時のシェーカーの暮らしを伝える博物館になっています。

    shaker03.jpg
           ほうき造りの作業場


    shaker02.jpg
        こちらは桜の木を利用した木箱

シェーカーは(人種と男女の)平等、平和、そして質素をモットーとしているので、奴隷制が栄えていた当時でもこの村で共同生活を送っていたアフリカン・アメリカンは奴隷ではなく一教徒として暮らしていたと言われています。

さすがに質素をモットーとしているだけあって、彼らの手で造られた木箱や家具などは装飾を極限まで省いたスタイルですが、そのシンプルさが美につながっています。

tabi01.jpg
           シェーカーの服を着て記念撮影

この博物館には当時のシェーカーの生活を再現するために、山羊や羊、牛などが飼われていたり、敷地の一部にはシェーカーの衣装を着たり、当時のおもちゃなどで遊ぶことができるようにもなっているので、子供も楽しめるようになっていますよ。

シンプルな暮らしの本:

   





にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/572-024e2e4b 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。